• ホーム
  • アフターピルの作用や内容量について

アフターピルの作用や内容量について

アフターピルとは緊急避妊薬で、望まない妊娠を回避するための薬です。
性行為のときにコンドームが破れてしまったり、犯罪などに巻き込まれて性犯罪の被害に巻き込まれた場合などに使用します。
一般的な医療機関で処方してもらうことができ、保険適用外の薬ですが避妊に効果的な作用を持った薬です。
性行為を行ってから72時間以内に指示された内容量を服用することで、その作用が発揮されます。
使う薬の内容量によっても飲み方が変わるので、医師の指示に従ってタイミングよく飲むように心がけます。
アフターピルを摂取すると数日で生理のような出血が起こり、避妊が成功したという証拠にもなります。
アフターピルは女性ホルモンを多く含んでいるので、内容量にも注意する必要があります。

アフターピルは低量や中量のピルを多く摂取することで、避妊を実現することが出来ます。
生理を起こすための女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあり、これらが上手く作用することで自然な生理を起こします。
エストロゲンは卵巣にある卵子の周りの主成分で、一か月ごとに卵子を成長させます。
成長した卵子を排卵させることで、子宮の内側の粘膜の厚みを増すことが出来ます。
プロゲステロンは排卵後の約4週間後に放出して、卵子が子宮に着床出来るように手助けします。
そしてこのプロゲステロンの分泌が無くなった時点で、生理が起こります。

アフターピルの仕組みには、プロゲステロンの作用が大きく関わっています。
アフターピルを飲むことでプロゲステロンと同じ効果が起こり、人工的に子宮内に分泌させることが出来ます。
アフターピルを飲み終えるとその効果を起こすことが出来る物質が子宮に届かなくなり、生理を起こすことで妊娠が出来ない状態にするのです。